フットサルでシュートチャンスを増やす為に必要な動き方とは?

こんにちは。ぴそまるです。

フットサルはコートが狭い分、テクニックで相手を抜く場面だったり、おしゃれなシュートやパスなど魅せるプレーが多いスポーツでもありますよね。

しかしフットサルは勝敗を決める際に、より多くのゴールを求められる競技なので「決定力」が必要になってきます。

チーム全体の決定力が勝敗を左右すると言っても過言では無いと思っています。

少しでもその決定力を上げるためにはどうしたら良いのか?

圧倒的なドリブル力を身に着ければ、テクニックで相手を抜き去るスキルが備わり、精神的な自身にもなるでしょう。

ディフェンスでもそうですが、がっちり守備をしてカウンター狙いで相手のボールを奪ってからの素早い攻撃も決定力が上がると思います。

方法は色々ありますが、今回は流れの中で得点できる確率を上げる方法についてお話ししていきたいと思います。



ピヴォ当てってなんなん?

フットサルでもポジションは存在しますが、流動的に動き回るので最初の位置決め的な感じでの呼び名になります。

プレーが始まると全員のポジションが入れ替わりますので、ポジションがあるようでないですね。

攻撃の起点になり得点が求められるポジションをサッカーで言うと「フォワード」ですよね。

そのポジションでフットサルでは「ピヴォ」と呼びます。

ピヴォの役割としては、攻撃の起点になる動きや見方がパスをもらいやすくするオトリの動きなどです。

そして最前線に位置しているピヴォに目掛けてパスを出してキープしてもらう事を「ピヴォ当て」と言います。

なぜピヴォ当てが必要なのか?

ピヴォがキープをしている場面で、見方はピヴォからパスをもらい、シュートまでの流れを作り出す事も出来ます。

最前線でボールを受けるのですから、ピヴォが自ら一瞬で反転してシュートまでもっていく事も出来ます。

全てピヴォ当てから始まる動作になりますし、ピヴォ当てが成功すれば攻撃のバリエーションが増える事は間違いないでしょう。

ピヴォの重要性について

フットサルは人数が少ない分、ピヴォの力量で得点力が大幅に変わる事があります。

ピヴォは激しくマークされるポジションなので、「こいつ気を抜くとヤバいな」と常に警戒される立ち位置でもあります。

そしてピヴォは基本的にパスの受けてとなりますので、味方との意思の疎通がとても大切になっていきます。

例えば、見方が攻撃参加のため相手陣内に侵入しやすいように、相手陣内の深いサイドでボールを受け、その空いたスペースを味方に使ってもらう事もできます。

上の写真でもお分かりいただけると思いますが、1番のピヴォがサイドへ流れて縦パスをもらう動きをします。

この時にピヴォの居たスペースが空きます。

そのタイミングを見計らって2番が黒の矢印の方向にドリブルして行っても良いのですが、6番がディフェンスでついてきていますので、かなり厳しい選択肢になります。

この場合ピヴォが縦でパスを要求してくれているはずなので、2番はなんとか目の前のディフェンスを避けて縦パスを入れたいです。

縦パスが成功したら、黒い矢印の方向にピヴォのパスを出すタイミングを計算して走り込むと、シュートまでの流れを作り出すことが出来ますね。

明日から出来るピヴォの動き方


より実践的なイメージをして頂くために、上の動画をご覧ください。

ピヴォはマークにつかれにくいポジショニングで走りながらスペースを見つけ、出してとのタイミングを合わせてボールをもらいに行っています。

この時点で相手の選手は裏を取られているので、良いディフェンスとは言えませんね。

動画ではピヴォはサイドへ流れてボールをキープした後、サイドの選手にリターンパスを選択していますね。

この様な形も良いのですが、相手ディフェンスは予期せぬピヴォの動きにつられて、ボールウォッチャーになっています。

ディフェンスが二枚いますが、その少ないスペースを物に出来れば、よりゴールに近い場所でシュートが打てます。

反転シュート

ピヴォを極める場合、必ず必要になってくるスキルになります。

「反転シュートをしてこないピヴォは怖くない」という方もいるほどなので、逆に言ってしまうと反転シュートの恐ろしさを際立たせていますよね。


サイドからパスを受けたピヴォは何の迷いもなく、反転シュートをしてゴールを決めていますね。

この様にディフェンスが何人いても、一瞬で反転してしまうので守る側は対応できません。 

さらに体の使い方や手の使い方が上手なピヴォだったら、上手く間合いを取られてしまいます。

ディフェンスの足が届かない所にボールを置かれ、シュートを打たれてゴールネットにボールが突き刺さるのを見ている事しか出来ません。

動画を含めて反転シュートの恐ろしさが伝わりましたでしょうか?

少々強引な反転シュートですが、「自分が得点を決めて勝ちたい」そう思っている方には是非オススメです。

最後に

フットサルはテクニックで翻弄したり意表をつくプレーをしなければゴールは生まれません。

ゴールが小さいのでシュートをまともに打っても中々入りません。

さらにゴールキーパーが反応が良く、上手な場合は更に得点しにくいと思います。

そこで誰もが予測できない「反転シュート」「ピヴォ当て」を使えばシュートチャンスが確実に増えます。

連携プレーも大切ですが、まずは相手陣内の高い位置で動いてボールを受ける事から始めてみてください。

そうする事で得点チャンスが増え、余裕が出来たら反転してからのシュートもマスターして絶対的な存在感のピヴォを目指しましょう。

サッカー好きにオススメのアプリはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA