抜ける動きが大切!フットサルでよく見るプレー

こんにちは。ぴそまるです。

フットサルをしていると、こんな事を感じたことはありませんか?

「パスの出し所が無い」

「デフィエンスにマークされているからパス出せない」

なぜそんな状況になってしまうのでしょうか?

それは周りの選手が抜ける動きをしていないから、パスを出す方も厳しくなるからです。

出せたとしても敵にマークされているから、パスカットされて速攻でカウンターをくらい失点します。

しかもパスカットの前に詰め寄られて、自陣で奪われたらアウトです。

抜群にキープ力がある人が居る場合なら別ですが、パス回しが出来ていない状態で自陣でボールを保持していると言う事はリスクが高すぎます。

そんな状況を作らないために全員で動き、敵のマークを剥がしながらパスをもらい、効果的な攻めに繋げたい所です。

では一体どんな動きをすれば見方が助かり、敵が嫌がるのかを見ていきましょう。



間違っている動き方

 

上の写真の様に、青の2番青の1番か3番にパスを出します。

すると青の2番はフォローの意識が強い選手はポジションを変えずに、青の1番3番からのリターンをもらうプレーを繰り返します。

青の2番がこの時にボールを保持していて、全ての見方がマークをしっかりとされていたとします。

赤の4番は周りがしっかりとマークについている事を確認したら、後はボールの出しどころに困った青の2番にディフェンスをしに行きます。

圧倒的なキープ力に自身がある方は除外しますが、一般的にここまで追い込まれたらお終いです。

もちろんキープしていて、パスコースが開いたら青の4番に預けても良いです。そこから1番3番がフォローに行ってシュートも打てます。

もしくは青の4番が反転してシュートしても得点に繋がると思います。

1番と3番が超強力なドリブラーでサイドを制圧する事ができれば、青の2番はその場でリスク管理としてフィルター役に徹しても良いです。

ですが現実的に考えてしまうと、100%ドリブルで抜ける人は存在しませんので、サイドの選手に預けた場合に限らずパスを出して、「後はよろしく!」みたいな無責任なプレーは避けたいです。

この様にポジションが固定されていると言う事は、プレーの幅も狭くなってしまいます。

サイドの選手は上下運動のみ。

最前線でボールを待っている見方も、孤立してしまう場面が少なくないと思います。

相手がドン引きディフェンスをしている場合は、崩す事が難しいです。

基本的な動き

フットサルはサッカーとは違い、ポジションが決まっていません。

ですのでサッカーで言うセンターバックの場所にポジションを取っている人が、前線に抜け出すなんて事をしても怒られません。

むしろ抜け出してくださいって感じです。

コチラも条件は一緒ですが、相手も人間なのでディフェンス時は二人同時にマークを見れませんよね。

そんな時に一番後ろから抜け出してきた選手のマークは誰が付くんだ?とプチ混乱させる事が出来ます。

どんどん選手が飛び出してくるので、守る側からすると非常に守りにくいチームだと思わせる事が出来ます。

少し早くて分かりにくいかと思いますが、一番後ろにいた選手がサイドの選手にパスを出した後、相手のサークル内に侵入して行き、相手ディフェンスもそれについていかなければなりません。

仮にこちらの選手が抜け出した場合にしっかりとマークをしてこなかった場合は、ポッカリと空いたスペースを自由に使う事が出来ますので得点のチャンスを得る事ができます。

闇雲に抜ければ良い訳でもない

「抜ける動き」は最後尾の選手が分かっているだけでは、相手ディフェンスを崩す事が出来ません。

むしろ見方がこの動きの意味を分かっていない場合は、逆にピンチになる事もあります。

例として、一番後ろの選手がサイドに預けた瞬間に抜け出してしまい、サイドの選手はパスコースが無い場合に後ろに返したくてもフォローがいませんので、相手からするとディフェンスがしやすくなります。

この時に、逆サイドの選手が落ちてくる動きがとても重要になってきます。

落ちてきた選手は、最後尾から抜け出した選手の代わりとなってフォローに入ります。

預けたら抜け出す→落ちてきてフォロー→預けたら抜け出す。

この動きを味方全員で繰り返す事で、相手ディフェンスも抜け出してきた選手に意識を配らないといけなくなります。

「誰がマークにつくんだよ」と一瞬でも思わせる事ができたら勝ちです。

その時にはディフェンスの足が止まっていて、フリーでシュートが打てる状況になっているはずです。

もちろんこの動き方を知っている経験値が高いチームや選手は、粘り強く頭を使ってディフェンスをしてきます。

まとめ

最後が得意な方は責任感が強い人だったり、周りよりもリスク管理が出来ている事だと思います。

始めは「誰が守るんだよ」、「取られたらどうするんだよ」と感じてしまいがちですが、逆に抜け出す動きをしない事でプレーの幅が狭くなっている場合があります。

最後尾の選手がガッツリとマークされている場合は少ないと思いますので、それを逆手に取って相手陣内に侵入する事で簡単にビッグチャンスを作る事も可能です。

後は味方の動きを見て、状況に合わせた落ち方、フォローをしていけば割と簡単に相手ディフェンスを崩す事もできます。

サッカー好きなら今すぐダウンロード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA