コンフォートソケットの寿命は?正しいお手入れ方法で長持ちさせよう!

こんにちは、ぴそまるです。

ソケットを装着して食事をする事にやっと慣れてきました。

食事を終えてから外して、洗って、洗浄剤に浸けて専用の入れ物に入れるという一連の作業は相変わらず面倒です。

しかしソケットのお手入れを疎かにしてしまうと、せっかくお金をかけて作ったコンフォートソケットの寿命が短くなります。

では、どのようにしてソケットの寿命を長持ちさせていけば良いのか?

実際に私がやっているお掃除方法と、ソケットの寿命についてお話していきます。

コンフォートソケットの寿命は?

まずコンフォートソケットの寿命についてお話ししていきます。

皆さんもご存じだと思いますが、コンフォートソケットのお値段って約10万円しますよね。

高額な商品だけに、これはどれくらいの期間で何年使っていけるのか気になります。

実際にコンフォートソケットを作るカウンセリングの時に聞いてみました。

歯医者さんもザックリとした回答でしたが、約5年~10年くらいみたいです。

形あるものはいつか壊れるので、やはり一生使っていける物ではないようですね。

人によって使い方が乱暴だったり、お手入れを怠ってしまうとそれだけ寿命は早くなります。

ソケットの使い方は人それぞれですので、歯医者さんもハッキリとした事は言えなかったと思います。

破損した場合の補償もある

コンフォートソケットの材質は樹脂とレジンで作られていてます。

歯茎と接触する部分はシリコン材質が使われていて、非常に柔らかい物が使われています。

コンフォートソケットはより軽い材質で作られているので、万が一壊れてしまった場合に備えて注文する時に補償を付ける事もできます。

因みにソケット単品のお値段が9万8千円。

追加で2年間の補償を付けると11万8千円です。

私の場合なんですが、ソケット自体はお手入れをしっかりとしていれば早々壊れないだろうと思っています。

なにより補償だけでも2万円かかってしまうのがかなりネックでだったので、補償なしで使用中です。

ですが初めて使う物でもありますし、心配な方はもしもの時に備えて補償を付けておくのもありだと思います。

補償を受けるには条件が必要!?

万が一の事があるかもしれないので、心配な方は追加で補償をつけられるのは非常に安心しますよね。

しかし補償を受けられるにはある条件が必要なのです。

それはコンフォートソケット専用の洗浄剤を毎日使う事です。

もしかしたら歯医者さんによって違うかもしれませんが、ソケット完成と同時に専用の洗浄剤をもらえます。

しかし10日分しかないので、なくなったら自分で購入しなければいけません。

因みにAmazonや楽天などで簡単に購入することができます。

洗浄剤は30日分で定価1600円(税別)で購入できます。

3ヶ月分をまとめて購入できる定期便(メーカー直送)もあり、その場合のお値段は3990円(税別)です。

月に計算すると1330円(税別)で安く購入できますね。

やはり毎日使う物なので少しでも安く抑えたいところです。

 

コンフォートソケットのメリットとデメリットは?

 

正しいお手入れ方法は?

私は補償なしでソケットを使用しているので、その代わりにしっかりとしたお手入れは必須です。

破損しない限り長く使っていく事ができると思うので、正しいお手入れ方法を見ていきましょう!

水洗いをしよう

常に清潔を保つためには、毎食後必ず水洗いをした方が良いです。

食べ物の中にはソケットに着色しやすい食材があります。

例えばカレーやデミグラスソース、かぼちゃなど色が濃い食べ物は着色しやすいので、出来るだけ食べ終わったら洗う事を意識しましょう。

歯ブラシで洗うのはやめよう

ソケットをより綺麗に保ちたいからといって、いつも使用している歯ブラシでゴシゴシしてしまうのはNGです。

確かにソケットをブラッシングした方が、より汚れが落ちてキレイになりそうですよね。

ですが、それは逆効果でソケットを傷つけてしまう恐れがあるんです。

硬いブラシで磨いてしまうと、ソケットと歯茎が接触するシリコン部分が剥がれやすくなったりします。

ソケットを水洗いする場合は柔らかいブラシで磨くか、綿棒やガーゼで優しく水洗いするのもOKです。

専用の洗浄剤につけ置きしよう

先ほどもご紹介しましたが、ソケット専用の洗浄剤があります。

まず食べ終わったら軽く指で擦りながら水洗いします。

その後、容器にぬるま湯か水を150㏄入れて専用の洗浄剤を入れます。

因みに私は水でしか洗浄しませんが、ぬるま湯の方が汚れを落としやすいそうです。

緊急じゃない限り一晩つけ置きすると思いますが、洗浄剤につけたら最低でも3時間はつけ置きしましょう。

もし汚れが残っていた場合は、柔らかい歯ブラシでブラッシングしたり綿棒やガーゼなどで洗いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンフォートソケットの寿命は、お手入れの仕方でかなり変わってくると思います。

私も結構めんどくさがりやで、本当はソケットを毎日洗浄剤につけた方が良いんですが、水洗いだけで済ましてしまう事が多いです。

もしソケットを使う際には、お手入れをコマメにして少しでも長く使える様に心がけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA