コンフォートソケットのデメリットとメリットは?実際に使ってみた感想!

こんにちは、ぴそまるです。

コンフォートソケットにしてみようか悩んでいる方へ、出来るだけ分かりやすくメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思っております。

まず最初にコンフォートソケットを選択した理由をサクッとお話ししていきます。

虫歯(右前歯から数えて6番目)を長年放置して痛くなったので歯医者さんへ。

治療してもらい銀歯を被せて数年間使用。

痛みはないが、噛むたびに嫌な臭いが出始め、歯医者さんに歯茎を切って見てもらうと土台の歯が割れているとの事。

「痛みがなく噛む事が出来るなら使った方がいいよ」

悪臭に耐えながら数年間使用したが、噛むたびに臭いが徐々に強くなってきて抜歯を決意。

抜歯=インプラントしか選択肢はないと思いながら調べてみると、コンフォートソケットと出会う。

こんな感じです。

では早速デメリットからいきます。

コンフォートソケットのデメリットとは?

着け心地があまり良くない

恐らく皆さんが一番気になっているのが、装着した時のつけ心地だと思います。

正直に言ってしまうと違和感マックスです。

やはり今まで自分の歯で噛んでいた部分を抜歯して、部分入れ歯(コンフォートソケット)を装着して食べるという事は、想像以上に口の中に異物感があります。

コンフォートソケットは歯茎に当たる部分を中心に内側、外側の歯茎に被さるように硬い樹脂で作られている所があります。

食べ物を食べる時って舌で色んな方向へ動かしながら噛んで味わうと思うのですが、その時に硬い材質の物が舌に触れて気になるという感じです。

それと結構重要な事なんですが、ソケットを付けていると熱かったり冷たい感覚がないんですよね。

ソケット側で噛んでいた熱い食べ物を、逆方向に舌で動かすと「めっちゃ熱いやん」みたいな現象になってしまうので注意が必要です。

お手入れが面倒

本来なら常にコンフォートソケットを装着していた方が良いと思います。

私の場合は晩御飯の時にしか着けていないので、食事が終わるとすぐに外し水洗いして専用の入れ物に保管しています。

ざっくりとコンフォートソケットの正しいお手入れ方法を紹介しておきます。

  • 普段使用している歯ブラシでソケットを磨いてはダメ
  • 毎日ソケット専用の洗浄剤で付け置きしなければいけない
  • 着色性の食材を飲食した場合(カレーやコーヒーなど)出来るだけ早く水洗いをした方がよい

など

ソケットを脱着するだけでも手間がかかるのに、正しいお手入れ方法を毎日続けるのも大変なのです。

お値段も安くはない

私の場合、上の歯なのですが前歯から数えて右の6番目の奥歯がありません。

その部分を補うためにコンフォートソケットを選択したのですが、特注品という事もあり保険が適用されないので、お値段が約10万円しました。

2本以上コンフォートソケットを希望する場合ですと、20万~とかなり高額です。

因みに私はインプラントにする事も考えたのですが、お値段が一本30万する事と手術が怖いイメージがあるので断念しました。

 

コンフォートソケットのお手入れ方法と寿命は?

 

コンフォートソケットのメリットとは?

装着時の見た目はあまり気にならない

装着前です。

笑っても見えない所なのでまだ良かったんですが、やはり食べ物を嚙む事が本来の役目なので無いと不便ですね。

こちらが装着後です。

写真だとかなり唇をめくって撮影したので、自然な笑顔だけだとあまり違和感ないです。

ですが前歯から数えて4番目、5番目の歯が若干小さく見えてしまい気になる方もいると思います。

ソケットを支えるための偽歯茎が、もう少し自然な高さになってくれたら完璧でしたね。

たぶん構造上これ以上求めてしまうと、耐久性の問題も出てきそうですよね。

装着時のソケットとの境目です。

結構オープンな感じに見えますが、意外と食べ物が侵入してこない設計になっています。

自分の歯と同じ位噛む事ができる

当たり前ですが、ソケットで嚙めなければ作った意味がないですよね。

コンフォートソケットは歯茎と接触する部分がシリコン材質になっているので、食べ物を噛んだ時に歯茎とソケットが当たって痛いという事は全くないです。

歌舞伎揚げを食べてみましたが、ソケットの方だけで噛んでも痛みもなく、粉々に噛み砕けます。

因みにお餅やガムなど粘着系の食べ物はまだ未経験ですが、ソケットが取れやすいみたいなので注意が必要です。

装着の違和感は3日程である程度慣れてくる

先ほどデメリットで付け心地はあまり良くないとお伝えしましたが、やはり慣れてしまえば自分の歯の様に嚙む事ができます。

完全に個人的な意見になってしまいますが、私の場合だと1日目はソケットが舌の横に当たり、気になり過ぎて食事に集中できない状態でした。

ですが、2日目には装着感が気になりつつも食べ物を噛めるという事に意識が行くようになり、左右で嚙む事に慣れてきます。

私もソケットを作ってからまだまだ日は浅いですが、3日目にはそこまでソケットの異物感は気にならなくなっていて、徐々に味を感じて食事を楽しめる余裕が出てきました。

さいごに

コンフォートソケットのメリット&デメリットはいかがでしたでしょうか?

特に手術などは必要ないのもメリットですし、私の場合だと型取りから完成まで約1か月でした。

抜歯後の選択肢としてかなり優秀なので、インプラントやブリッジ(両脇の歯を削るやつ)は絶対嫌だという方は是非試して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA